おせち料理に隠された意味とは

by author



おせち料理には一の重と二の重と三の重に分かれている事に意味があり、その意味に合わせた具材を入れる決まりになっています。

一の重にはおとそを祝うための祝肴として数の子や田作り、黒豆やたたきごぼうを詰め、口取りとしてかまぼこや伊達巻や栗きんとん等を詰めます。

二の重には紅白なますや海老等の酢の物や焼き物を詰める事が多く、一の重に詰められなかった煮物等を詰める時もあります。
三の重には筑前煮や煮しめ、季節の野菜を使った煮物を詰めるようになっており昆布巻きや手綱こんにゃくが代表的な具材として挙げられます。


おせち料理の具材にはそれぞれ祝賀に合う料理に纏わる祈りや願いを込めた意味が隠されています。


数の子や昆布巻きは子孫繁栄という意味が込められており、家族を思う心として煮しめもおせちの代表的な料理として知られています。



全体的に家族や周囲の人を思いやるという意味が隠されている事が多く、使われている具材の成長速度等から祈りを込めて作られています。



例えば人参やたけのこが代表的な例で、人参は赤い色から寿をイメージした祈りが込められておりたけのこは上に向かって真っすぐ育ってほしいという願いが込められています。

おせちの通販情報があります。

そのため煮しめのように複数の具材を使うおせち料理にはお子さん等の家族構成に合わせた物を使う事が良いとされ、里芋を使えば子宝に恵まれるようになりくわいを使えば出世を願う事ができ、椎茸を使えば元気や壮健の意味を込められるので一年の目標に合わせた具材を選択するのがお勧めです。