おせち料理に関するお役立ち情報

by author



お重箱におせち料理を詰める際、それぞれの料理には入れるべき場所があることを知っているでしょうか。


また、それぞれのお料理には色々な意味が込められていることも理解しておくことで、おせち料理をいただく際により一層有り難さやお祝い事の大切さを身に染みて実感することができます。

日本ならではの文化の一つであるおせち料理について、今一度理解を深めてみましょう。


まず、家庭で使用するのが三段のお重箱で合った場合、一の重には祝い肴・口取りの品を詰め込みます。



二の段には酢の物や焼き物といったものを詰め、三の段には煮物を詰めます。家庭で使用するお重箱が五段のものであった場合には、一の重には祝い肴のみを詰め、二の重に酢の物と口取りを詰め込みます。


三の重には焼き物、四の重には煮物を詰め、五の重は控えの物(何も詰めない)と覚えておきましょう。


お重に詰める料理に込められた意味に関しては、濃厚な甘みが美味しい黒豆には一年中まめ(真面目)に働き、まめ(健康的)に暮らせるようにという願いが込められています。

独特の触感がたまらない数の子は、沢山の卵があるという部分から、子孫繁栄の意味が込められているといわれています。



鯛は「おめでたい」のタイとして、多くの祝い事の席に登場します。



海老はその見た目から腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められているほか、海老の赤は魔除けの色とも言われているようです。

こうした部分まで理解すると、お正月をより楽しむことができます。