おせちに欠かせない数の子

by author



おせち料理でなければ、食する機会がない料理として数の子があります。

数の子は、にしんの卵で、旬の時期は3月から4月ですが、多くの卵の塊と言う意味から、子孫繁栄と言う意味で、おせち料理に利用されています。

とても美味しい数の子ですが、鮮度を保つために塩漬けにして販売されていることが多いです。

ですから、まずは、塩抜きをして調理する必要があります。



しかし、極端に塩抜きをしてしまいますと。



味がなくなってしまいます。


和風で鰹節を振り、食感の良い状態で食するためには、下ごしらえが大切です。

良い数の子の選び方は、薄皮が付いた状態のものがよろしいです。


鮮やかな黄色い色の商品で、表面に薄皮が白い糸状のように見えるものが新鮮さを表わす証拠となります。

逆にあまりにも白い数の子は、漂白がされており、鮮度に欠け、食感が悪いので、選ばないようにした方がよろしいです。


過去の数の子は、商品価値が全くなく、捨てられているものでした。



鮮度管理も面倒だったのですが、食してみると美味しい、たくさんの卵の塊で縁起が良いという理由から、おせち料理にも取り入れられるようになりました。


旬の時期に食べるのではなく、主に正月のめでたい時に食されます。

おせち料理だからこそという意味も含まれますが、とても高い食材ですので、あまりたくさん食べることはできません。
数の子好きな人は、年中食べている人もいますが、スーパーなどで簡単に良い商品を購入できるわけではありません。
ネットの通販を利用されると、新鮮で産地直送の美味しい数の子を堪能できるはずです。