おせち料理の意味とは

by author



おせち料理とは節共料理のことです。

歴史は弥生時代にまでも遡り、自然の恵みに感謝をする習慣が生まれ神様に感謝をする行事が増えた時に、中国から節が伝わり節に合わせて作った料理が始まりだといわれています。


元々は五節句に神様にお供えする料理でしたが、お正月が大切な節目であることからお正月に食べるものをおせち料理と呼ぶようになりました。



主婦が家事から解放されたり三が日はお店が閉まっているので三が日食べるものとして重宝されていました。おせち料理はおめでたいことを重ねるという意味で重箱に詰められています。


一段目の重箱には祝い肴でお酒のおつまみの料理を入れ、二段目には口取りで甘い料理、三段目には焼き物で海の幸を焼いた料理、四段目には煮物で野菜を煮た料理を詰めます。おせちに入っている食べ物には一つ一つ様々な願いが込められています。

まめという言葉は本来、丈夫や健康を意味します。


家族がまめに働けるようにと、健康に暮らせるようにという想いから黒豆が詰められます。



数の子は粒が多くあり、子孫繁栄の意味があります。


田作りは江戸時代に田畑の肥料として片口いわしが使われていたので、豊作豊年の願いが込められています。

栗きんとんは見た目が黄色なので、縁起が良く商売繁盛の意味があります。



現在はお正月でもコンビニが営業していたり、スーパーも多く開いていますがおせち料理は栄養価が高くバランスも良いのでお正月には食べたいものです。